toggle
2017-09-22

お米の黒い点





 

ミツバチが減ってる

って話聞いたコトありませんか?

もちろんミツバチだけではなく蛍やその他の虫もびっくりするくらい減っています。

ca6b1b06c8ae15d02b257a92a3590f29

 

これ世界的に問題になってるんです。

日本って実はすごい農薬大国

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-30-0-28-44

 

ちなみにアインシュタインは

ミツバチが絶滅したら4年後に人間も絶滅すると言ってますね。

 

私たちが虫にどれだけお世話になっているか・・・

もう少し真剣に考えなければなりません。




なんにせよ

消費者のモラルが高まらないと何も前に進まない

化学物質の塊みたいな食品を提供して平気な企業も

その危険性とかを記事にすると異常に反応する消費者も

 

社会の全てが繋がっているという感覚が抜け落ちてると思います

絶対に自分に返ってくるのに

 

どこかで自分一人が・・・って意識があると思うのですが

その積み上げが社会を作ってますから。

 

自分が変わらないとダメなんです。

消費者が賢くならないとダメなんです。

 

 

これは絶対に。

それってなんでも一緒なんですね。

我が家は子供が多いのでたくさんお米を食べます。

一ヶ月に45kg食べてる計算ですから年間で10俵近く食べてるんですね

当然、バカにはならない金額になるのですが、それでも無農薬や減農薬、自然栽培のお米を積極的に選んで食べています。

子供達が食べるモノですから。

多少黒いものが入っていても僕は農薬を散布していないモノや減らしているモノを選びます

無農薬が絶対に正しいとは思いません。

作物や市場価格によっては使用しないと難しいモノもあります。

けども、使用の目的が

見栄えを良くする為のモノ

であるならば僕は減らしていってもいいんじゃないかなと思うんですね。

消費者がある程度容認できるなら、出来る気がするんです。

 

農家から直接お米を購入する方がいれば

ある程度の黒米は許してあげてください

なんの害もありませんから。

 

追記:選別機を購入して黒いお米を取り除いている農家もいますので、白いお米=危険なお米ではありません

下の記事でお米の生産者が抱えている問題を書きました、是非読んでください。↓(写真をクリックすると記事に飛びます)

しっかりと選べる知識を身につけましょう。

読者の皆様に大切なご報告

NPOを本格的に稼働させます。

一度フォームを覗いていただけたら嬉しいです‼︎

ネパールの食事サポートのフォームはこちら↓(写真を押すとフォームに飛びます)

インドネシアのリップをギフトとして再開しています。

目的は下記の記事で書きました(写真を押すと記事に飛びます)

 

良いものを使うコトと、良い循環を生み出すコトと。

やっぱり同時で無いとダメですね。

興味のある方は商品情報をしっかりとお読みの上買い物カゴに入れてください。

下記の野菜の画像をクリックするとショップに飛びます‼︎

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-30-22-58-13

 

最後まで読んでいただいた皆様へ。。

いつも読んでいただきありがとうございます‼︎

皆さんのおかげで途上国での事業が再開できました。

循環可能な素晴らしい商品を現地の人たちと作っていきますが、正直なところ準備にものすごくお金がかかります。

僕たちの活動も含め、応援していただける方はショップで何か購入していただけるとものすごく嬉しいです。

品質も考え方も素晴らしい企業の商品を並べていますので^ ^。

これからも健康のすすめをよろしくお願いします‼︎(下記の野菜の写真をクリックするとショップに飛びます)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-30-22-58-13

投稿の性質上、アカウントが停止になることがあります。

フェイスブックも企業ですから。。。

よろしければメルマガ登録をしておいてくださいm(_ _)m

(下にスクロールしていただけるとフォームがあります)

 

化粧をする方は是非この記事を読んでください。

買い物は投票です! !

写真をクリックすると記事に飛びます

スクリーンショット 2017-01-23 11.29.14

 

 

下記の記事では情報がなぜ歪むのか?をお伝えしています

僕たちの生活に、なぜまともな情報が届かないのか?を書きました

写真をクリックすると記事に飛びます

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-02-12-37-29

 






この記事が良ければいいねシェアをお願いします‼︎

(既にいいねを押していただいている方が下記ボタンを押すと、いいねの取り消しになるのでご注意ください)

下記の青色枠が 👍 このマークの方はクリックすると最新情報を受け取れます

メール会員に登録フォーム

都道府県

 

(Visited 666,098 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント4件

  • 志田和正 より:

    私は売る方ではないので この黒い点があっても米を砥ぐときに取り除きます 養分取られているだけあって軽いので 砥いで水につかると上に浮いてきます 目立つので取り除く程度ですね 味の違いなんか判りません 実際に判らないと思いますたんに見た目ですね
    一回分程度ならばあってもそんなに取り除くのは苦になりませんよ

  • kenkonosusume より:

    どうぞ連絡して下さい。
    自分でお米を作ったり販売したり、環境の問題を見たりしたら大体同じコトを発信すると思いますよ。
    お米屋は大阪市の西成区で2年間、お米の勉強は北海道の菱沼町と奈良の吉野で3ヶ月ずつ体験しました。
    この系統の記事は山ほどあるんです。何十個も読んでますし僕の父も同じ話をしています。
    「農薬まみれはどこの国か?」という過去記事を読んでもらえれば分かると思います。記事内にリンク貼っておきます。

    あと、僕は今はお米を売っていません。最後に記載されているのは楽天で評判がよく、なおかつ周りで購入している人間がいたので紹介しました。
    このお米が売れても僕には30円しか入りません。別に他のお米でも良かったのですが。
    発信に費用をかけていますが利益は全くありませんので悪しからず。

  • 中川朋子 より:

    勉強になりました。
    安全なお米が食べたいです。

  • 橋爪 諭 より:

    私は今年で70才になる老人です、今は米つくりに専念しています、平成12年にJAS認定もらいました、9年前に自然栽培に切り替えました、毎年草との戦争です、今から10年前に「奇跡のリンゴ、木村秋則著」その翌年から、無農薬、無肥料で米つくりをしています、慣行米(農薬使用化学肥料使用)は
    1反(300坪1坪は畳2枚)で480㎏収穫出来ますが、無肥料
    無農薬では1反で240㎏しか収穫出来ません、ご飯にしてお茶碗に1杯取り翌日になっても変色(黄色くなる)はしませんし食してもとても美味しいです。今年は作付けが終わりましたが、(殆ど売れています)来年要望があれば他人の田を借りて収穫量を増やしたいと思いますが?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です