toggle
2017-08-16

どういう問題を引き起こす?






 

昼下がり。

自称情報番組が視聴率稼ぎのために色んな報道を行っています。

 

最近は不倫報道ばかりが流れるようになりましたね。

 

 

マジでくだらない。

ここ数ヶ月の間、人を変えて同じような報道ばかりがされています。

テレビが”一億総白痴化”の時代を作ると昔何かの本で見たことがありますが・・・心配になりますね。

 

不倫報道だけではなく、問題として指摘している内容が本当に低レベルですね。

芸能人という看板を持ったいい大人が、人の色恋沙汰に言及したり

芸能ジャーナリストと呼ばれる人たちが、渦中の人を追いかけ回したり

それを見て一緒に憤慨している視聴者がいたり

 

もう一回言いますが、本当にくだらない。

 

こういう報道で何かを判断すると、如何に大切なものを失うのか?この辺りを書いてみたいと思います。

 


 

誰のための報道



(Visited 7,222 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント1件

  • 南里吉彦 より:

    藤原さま
    健康のすすめ
    ありがとうございます
    いい話題ですね
    「健全」を追求されているということ

    身体も精神も高いレベルで機能する状態を
    「健康」というんですよね

    さて、テレビで放映する番組で
    国益を損なったり国辱を与えた場合
    テレビ局の放送免許停止や罰金を
    事実上課していないのは日本だけらしい
    報道の自由を振りかざして
    なんでもアリ状態だという

    電波は国民共有の財産
    テレビが流す情報は
    国家や国民を貶めるためにあるのではないということ

    ネット環境の整備とスマートフォンの普及の影響で
    国民のテレビ視聴時間が減り
    テレビ局が生き残りをかけて
    話題づくりや番組づくりに必死なことで
    国民や国家が犠牲になるようなら
    本末転倒・国民をミスリードしていることになる
    国民共有の財産ではないということ

    76年前の戦争へ国民感情を駆り立てたのも
    報道だということも思い出しました
    なんり、深感恩

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA