toggle
2017-04-04

薬の怖さ


 

この本を知っていますか?

 

 

薬害研究の第一人者が、薬の害や間違った使われ方をまとめてくれた本です。

抽象的な言い方になりますが、病気が増えてるじゃ無いですか?

この病気と一緒に増え続けている代表的なモノが

食品添加物(砂糖・精製塩含む)と薬

だと以前から思っている時にこの本を見つけました。

 

薬の物質名や効果効能を指摘するコトは苦手なので、あまり触れずにきましたが・・・。

まぁこわいですね。

薬も、薬を取り巻く環境も。

両方合わせて、薬害というのでしょう。

 

そういう意味では中々頼り甲斐のある本だと思います。

薬に対して、少しでも疑問を感じているならば、この本に納得のいく答えがあると思ってください。

中身に触れてみましょう。




 

薬のいらない大原則



(Visited 9,559 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です