toggle
2016-08-28

2歳の子供には何が見えているか?


 

「三つ子の魂百まで」といいますが

幼少期にあまりお菓子を食べなかった子は

大きくなっても甘いものを好まないといいます。

 

砂糖には中毒性があるんですね。

 

我が家の長男は

全く甘いモノを食べません

遠足のおやつを買いに行った時

 

「要らない」

 

と僕が幼少の頃ならば、信じられないコトを口にします

 

子供たちをお菓子に近づけないように意識はするのですが・・・

 

現実的に難しい。

 

その根本的な原因をお出かけがけら調べます。

 

今回の主役は

 

IMG_8108

 

”登場人物 「ヨシノブ」”

お気楽親父の四男

通称:怪獣

特技:嘘泣き。美味しいモノを食べると小刻みに揺れる

特徴:お母さんがいないと良い子

 

”お菓子の食べ過ぎは良くない”

 

言われずとも誰でも知っているコト・・・

ただ、その簡単そうなコトが非常に難しいですね。

 

2歳児の視線の先に何が映っているのか?

どんな誘惑があるのか?

それを調べるために一緒に出かけることにしました。

 

IMG_8111


次ページ  子供の視点は?

(Visited 36,228 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント2件

  • 木部 健太郎 より:

    私も、気にしてる興味あるテーマです!
    妻を含め、家族の意識は、まだ低いです!
    ありがとうございますm(_ _)m

  • 西田志津佳 より:

    いつも、添加物を見ます。悪いとは思っていますがどの様に悪いのか後で調べようといつも先送りです。取り敢えず買わない、でも仕方ないチョット買うか
    という感じです。添加物のない物を探すのホント大変です。味噌や漬物等は自分で作りますが

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です