toggle
2017-03-17

企業の変化


 

ジャンクフードの代表格

牛丼チェーン店のコトをそんな風に思っていましたが

 

少し変化が現れています

 

 

こういうポップが貼られていました。

 

この会社、牛丼御三家の一社と言われている

 

 

松屋です。

 

こういう企業が増えてきましたね。

セブンイレブンも同じ様なコトを言ってます。

 

ローソンのギフトにも

この記事を見ていただいている方の商品が選ばれたり(すごく良い商品です)

 

なんというかすごい勢いで変化しています

 

企業は正直です。

何に正直か?と言うと

 

利益に対して純粋に行動を起こします。

 

これは何を意味しているか?と言うと

こういうコトを気にする消費者が増えてきたということですね。

 

まぁ、僕自身ほとんど行くコトがないのですが

昨日の夜、道を歩いていて気付きました。

 

もちろん、完璧にはまだまだ程遠いと思いますが

こういうコトに企業が取り組むのは嬉しく感じます。

僕たちの選択

実はいろんなコトに影響しています




 

選択の先にあるコト



(Visited 24,270 times, 1 visits today)

ページ: 1 2

関連記事

コメント3件

  • 稲葉 泰三 より:

    何時もありがとうございます。
    大きな、小さな、気付きに感謝です。

    そう、夜も遅いので続きはまた、、、

  • たろう より:

    怖いですね、こういう記事は…
    企業からお金でももらってるんですかね?
    確かに松屋は無添加というのを掲げております。
    ただ、ご存知かとは思いますが、添加物が一つでも入っていなければ無添加と名乗れるのですよ?これは誤解を生むかと。無添加に騙される、消費者、ここの管理人。松屋に関しては4つの添加物は入れていないというだけで、他に添加物が入っている可能性もあります。
    また、他の牛丼を出している他の会社の原材料を見ましたが、松屋とは特に変わらなかったですよ?
    こうやって誘導するのはいかがなものかと思います。
    他人に影響を与える方としては、軽率ではないですか?
    他の会社の原材料等は調べてからの記事でしょうか?
    詰めが甘いと思われます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です