toggle
2018-05-09

かっこいい人とは





 

ひろのぶです^ ^

 

たびたび登場しています

バングラディシュの相方ディノ

(だいすけごめん。顔隠れてる)

37歳、バングラディシュのスラム出身。

極貧生活の中、キリスト教のサポートを受けて大学まで行きました。

大学時代に持っていた服は1着だけ

食事がないコトは普通で、お腹が空いたらその辺りに生えている雑草を食べていたそうです

大学卒業後に英語教師を始め、その仕事で得たお金で自分と同じような境遇にいる子どものサポートを開始

25歳で結婚して三児の父に、スラムに隣接する場所で無料の学校を運営しています。

 

そして現在は学校の運営とともに

パンジャビをスラムの人々と一緒に作ってくれてます

 

 

僕たちがこの学校を訪れる前にドナー(寄付者)がワケあって資金をストップ

学校の運営が窮地に立たされていたときに僕が目の前に現れたそうです。

この話をするとき、彼はいつも目に涙をいっぱい溜めて

”ありがとう”

”神様が連れてきてくれた”

と言ってくれます

 

お礼が言いたいのはこちらなんですけどね

 

人の縁ってすごいですよね

必ず理由があって人と人は出会う

最近すごく思います。

どんな出会いにも意味があるって心底思うようになりました。

 

僕はかっこいい生き方をしたいと思っています

そして、ディノは僕にとって素晴らしくかっこいいやつ

身なりは貧しく、頑張りすぎてげっそりしているコトもありますが

このどうしようもなく汚い世界に光を与える存在だと思ってます

そして、ここまで献身的に人の権利(彼は全ての人間は愛され、学び、食事をする権利があると言ってます)を守る活動をしている人間が報われ無い

そんなコトは僕にとって許せる話では無いワケですね

 

最近、パンジャビをみなさんにひたすら紹介しています

なめた感じで写真撮ってますが

やってるコトは大真面目です。

 

パンジャビの詳細はこちら

 

バングラデシュは縫製工場が有名なんですが

その人たちの時給は

30円前後

まともな生活ができる金額ではありません。

使い捨ての服を大量に作り、そのほとんどを廃棄

環境を徹底的に破壊して巨額の利益を得る

 

そこで働いている人々の食事はこんなモノです。

これでも口にできるだけありがたい

 

なんどでも言います

幼い兄弟がナベのフタを食器代わりにして、見知らぬ外国人に食事を恵んで貰わないといけないような現状が

僕にとって邪魔なんです

僕が幸せに生きるという目標を、この現実が邪魔するワケですね

 

この人たちが、もう少しだけまともな賃金を得るコトができれば

学校にだって行けるし、普通の食事もできる

汚水で浸水され、ハエや蚊が飛び交う部屋に住まなくても良い

これは働いた人々が得るコトができる

当然の権利なんですね

 

なぜこんな普通のコトを僕たちは容認できないでしょうね

 

僕はファッションには疎い人間ですが、少しだけ分かってきたことがあります

僕は誰かに見せる為に着ているのではなく

自分のモラルを守る為にこの服を着たい

この服を着る人が増えれば、現地の人々の笑顔も増える

幼い兄弟が食事にありつけるかもしれない

そんな想いも一緒に身にまとっている

そう考えると、どんな高価な服よりもこの服が好きになるんです

好きで着ているから

僕は必ずこの服が似合うようになってきます。

そこからいろんな変化が生まれると思うんですね

 

 

世界を変えたければ、まず自分がその変化になりなさい。たとえ一人きりの少数派であろうとも、何百万の仲間がいようとも

マハトマ・ガンディー

パンジャビの詳細はこちら

藤原ひろのぶ(クリックするとFacebook個人アカウントに飛びます)

 

Facebookでの投稿が届きづらくなっています。

イベントなどの詳細はライン@でお送るので良ければ登録してください^ ^

ライン@への参加はこちら

循環型の商品を用意しています↓

循環型商品はこちら

 

オンラインサロンで伝え方の講習をしています。

一緒に発信力を付けていきましょう‼︎(写真を押すと記事に飛びます)

※必ず詳細をお読みください

 

現在、この商品をみなさんに推奨しています。

商品名は洗濯ベビーマグちゃん

素晴らしい商品ですので一度詳細を見てください‼︎

記事はこちらから↓

ストアはこちらから

 

品質も考え方も素晴らしい企業の商品を並べていますので^ ^。

これからも健康のすすめをよろしくお願いします‼︎(下記の野菜の写真をクリックするとショップに飛びます)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-30-22-58-13

開発途上国の子どもたちへ食事のサポートをしています。

日本人の肥満を解消しつつ、途上国の子どもたちの栄養失調を改善する”ギフトフード”プロジェクトを行っています

大きなプロジェクトに育てたいと思っていますので、よければ参加してください‼︎

ギフトフードはこちら

 

投稿の性質上、アカウントが停止になることがあります。

フェイスブックも企業ですから。。。

よろしければメルマガ登録をしておいてくださいm(_ _)m

(下にスクロールしていただけるとフォームがあります)

メール会員に登録フォーム

都道府県

 

(Visited 4,467 times, 1 visits today)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA