toggle
2016-11-04

(食味に関わる)食品添加物が悪いと言える理由


 

健康問題は難しい・・・。

なぜかって?

原因と結果の因果関係がわかりにくい

劇物ではないのでジワジワくるわけです。

 

この写真

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-14-06-33

年齢調整がん罹患率の推移

というもの。

 

例えば病気が増えているという話をした時

「高齢化なんだからあたりまえじゃん」

と言うバカなコメントを回避する為に用意されたものかと。

 

計算式は以下のとおり(読みたい人はどうぞ)

以下引用

”もし人口構成が基準人口と同じだったら実現されたであろう罹患率。がんは高齢になるほど罹患率が高くなりますので、高齢者が多い集団は高齢者が少ない集団よりがんの粗罹患率が高くなります。そのため、仮に2つの集団の粗罹患率に差があっても、その差が真の罹患率の差なのか、単に年齢構成の違いによる差なのかの区別がつきません。そこで、年齢構成が異なる集団の間で罹患率を比較する場合や、同じ集団で罹患率の年次推移を見る場合に年齢調整罹患率が用いられます。年齢調整罹患率は、集団全体の罹患率を、基準となる集団の年齢構成(基準人口)に合わせた形で求められます。基準人口として、国内では通例昭和60年(1985年)モデル人口(昭和60年人口をベースに作られた仮想人口モデル)が用いられ、国際比較などでは世界人口が用いられます。年齢調整罹患率は、基準人口として何を用いるかによって値が変わります。年齢調整罹患率は、比較的人口規模が大きく、かつ年齢階級別罹患率のデータが得られる場合に用いられます(標準化罹患比参照)。年齢調整罹患率={[基準人口(昭和60年モデル人口)観察集団の各年齢(年齢階級)の罹患率×基準人口集団のその年齢(年齢階級)の人口]の各年齢(年齢階級)}の総和/基準人口集団の総人口(通例人口10万人当たりで表示)”

引用元:国立開発研究法人国立がん研究センターがん対策情報センター より

あぁ・・・吐きそう。

あと、機関の名前が長すぎる。早口言葉にしてみましょう。

『コクリツカイハツケンキュウホウジンコクリツガンケンキュウセンターガンタイサクジョウホウセンター』って噛まずに三回言ってください。

 

・・

・・・。

関係ないですか?

・・・。

本題に戻しましょう。

 

要するに

人間が逆らうコトのできない年齢という条件を除いたうえで癌が増えているかどうか?

ということを示しているデータ。

 

 

 

増えてます

完全に。

ちなみに男性は

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-15-18-32

前立腺がん

女性は

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-15-18-41

乳がんが増えてます。

絶対に何かと因果関係があるんですけどね。今の所確立された論拠はないようです。

 

この話をすると絶対に次の質問がきます




次ページ 原因のアラ探し

(Visited 4,796 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です