toggle
2017-11-12

会話の接続詞





 

僕が会話で意識的に気をつけている言葉があります。

 

”けども”

”だって”

ですね。

 

この言葉が、人との会話の中で出る人は要注意です(自問自答のときは別)

僕は”会話の接続詞”と呼んでいて、相槌などもこの部類に入りますね。

 

何が問題なのかと言うと”けども””だって”という言葉は相手の意見を

飲み込んでいません

これらの言葉が会話の中で頻繁に出る人は、人と話しているのではなく

自分の話を聞いてほしい”かまってちゃん”の傾向が強いんです。

 

普通の人はこのタイプの人と話すコトを意識的に避けます。

気付かずに使ってしまっている人は、自ら人を遠ざけてしまうんですね。

 

人間の意識を変える一番の方法は、言葉を変えるコトなんです。

そしてその言葉を変える一番の根本は、思考を変えるコト。

 

マザーテレサがこんな言葉を残しています・・・。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 

まさにこの通りです。

人は弱くて、意志の弱いもの。

自分自身がどんな言葉を使っているのか?を意識しましょう。

自分から出ている言葉を指摘してくれる友人を大切にしましょう。

そして、それらの言葉を作り出している自分の思考を意識するようにしましょう。

 

その積み重ねが自分の運命を決めてしまうからです。

人の言葉を変えるコトはできませんが、自分の口から出る言葉を変えるコトはできますよね?

その為に一番大切なコトは、何度も言いますが”意識を変える”コトなんです。

 




 



(Visited 10,348 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント1件

  • 藤島芙美子 より:

    こんばんわ。
    「けども」、「だって」
    のお話はとても納得でした。
    身の回りでこの言葉を使っている人がいます。
    確かに、受け入れていないですね。
    私ももっと意識して使わないように気を付けようと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です