toggle
2017-04-30

害のあるモノ


 

先日、こんな情報を見つけました。

 

化学物質過敏症:成人患者推計70万人? 

国立公衆衛生院の調査は00年7月、無作為で選んだ全国の成人4000人を対象に面接方式で実施し、2851人(71.3%)から回答があった。その結果、CSの可能性の高い人は21人(回答者の0.74%)だった。

柳沢幸雄・東京大大学院教授(室内環境学)によれば、未成年まで考慮すると、100万人近くがCSである可能性を示す調査結果だ。

引用:http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20050328

 

僕の周りでも数名いますが、しっかりとした統計がなされていないんですね。

ケアする環境が少ないので、本当に大変だと言います。

僕の友人は、除菌スプレーなんて撒かれたら

毒ガス撒かれたのと同じ

と言ってました。

 

「そんな大げさな」と思う人も多いと思うのですが、苦しんでいる人からすれば日本は地獄のような環境なわけです。

 

情報の取捨選択の意味も込めて、少しまとめてみました。

大切なコトだと思います。




 

情報は平等か?



(Visited 17,436 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です