toggle
2016-10-10

人体実験


 

穏やかなタイトルではありませんが

2013年にアメリカで製作されたドキュメンタリー映画のタイトルです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-10-21-35-54

利益のために健康を顧みず化学物質を販売し続ける企業と、それに挑む市民団体の活動を描いた映画です。

 

化学物質によるガン、不妊症、アレルギーその他多くの症状。

どんな角度からでも主張が飛び交うところがアメリカらしいと思いました。

日本ではこんな映画は公開することができないと思います。

 

Netflixで配信されているので興味のある方は是非。

 

この作品の中で化学物質を扱う企業が、消費者からの責任をかわすために使う戦略が紹介されています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-10-21-23-40

「4匹の犬」と呼ばれる非常に効果的な戦略。

作品を見て思ったのは、この戦略は日本でも使われているということ。

あなたにオススメの記事はこちら

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-16-26-10

企業はどの様に問題を回避していくのか?

それがリアルに描かれているので、内容をご紹介したいと思います。





next2

 

4匹の犬

(Visited 5,820 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です