toggle
2017-04-23

野菜の葉の色を見よう


 

健康な人はよく野菜を食べます。

horenso

サラダなどによく使われるほうれん草ですね。

食べたことがない人はいないかと。

子供の離乳食などに使われたりもしていますね。

 

せっかくですので、みなさんに問題です。

(ほうれん草にも品種があるので同一品種であることを前提に考えてください)

 

A  色の濃いほうれん草

s__50151426

B  右の色の薄いほうれん草

s__50151427

さて、どちらが良いほうれん草でしょうか? 下記のAかBを選んでクリックしてください。

A         B







(Visited 83,720 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント4件

  • ヒラヤマ カズヨシ より:

    ほうれん草には、品種によって色の出かたが濃い品種や薄い品種も有りますょ。

  • momotacorin より:

    ハウス物は、淡い色で、
    路地物は、濃い色

    昔、八百屋でバイトした時に聞いたんですが・・・・・・

  • 大嶋家農場 より:

    濃度の高い硝酸態窒素が悪影響を与えるのは、記事にあるように、乳児に対してです。(ブルーベビー)

    そして硝酸態窒素濃度の高い野菜は抗ガン作用が見られると仲の良い農学博士に教えてもらいました。ですから何でもかんでも欧州基準が良いわけではないようです。

    ただ、硝酸態窒素が多いと害虫が寄ってきやすいのと、硝酸態窒素が少ないほうがアクがなく、糖度が高いので、口当たりが良いです。

    有機栽培で育てても、農家の施肥技術により、色が濃いホウレンウにも薄いホウレンウも作れます。

    うちでは「硝酸態窒素」少な目の施肥で栽培してます。害虫が少ないから。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です