toggle
2017-09-28

肥満の話






 

今日はバングラディッシュのスラムに住む子供たちが通う学校に来ています。

みんな元気ですね。

毎度のことですが、是非ともインスタのフォローを^ ^(写真を押すとインスタに飛びます)

 

日本を始めとする先進国に肥満と呼ばれる人がどれ位いてるか・・・皆さんご存知ですか?

約21億人ですね(ワシントン大学健康指導評価研究所調べ)肥満と過体重の合計人数です

翻って世界の飢餓人口は8億500万人(5歳未満が1億5500万人)

 

ちなみにですが肥満を克服できた国は未だにありません。

肥満には人間の欲もあるのですが、資本経済的な欲も絡んでくるので随分とややこしい。

消費を軸にしている以上、肥満を克服するコトはでき無いでしょう。

これでもか‼︎というくらい宣伝されて、口の中に餌を詰め込まれている感じでしょうか。

日本の肥満人口は横ばいなのですが、肥満予備軍の過体重はかなり増加していて、男性の29%女性の21%がこの分類に入ります。

まぁこの国のコトですから、過体重が増えてきたら基準となる数値を作り直して

「大丈夫ですよ、しっかり食べて経済を回してください。病気になってら病院に行きましょう‼︎」

といった具合に経団連の言いなりになるんだろうなぁ・・と思っております。

 

まさに悪魔のささやきです。

 

 

こんなコトを提言する大人たちが指揮する国ですからね。

この人たちに力を与えてるのは、間違いなく僕たちの買い物です。

僕たちの総意ですね・・これは。

 

さて、話が逸れました。

肥満の話でしたね。ついつい。

 

日本人の多くの人たちは「痩せたい」と思っているはずなんでね。

ライザップがどんな理由であれ、あそこまで力をつけたのは

「意志の弱い自分でも、あんな身体になれる‼︎」

という願望を叶えたからでしょう。(その後のコトは何も保証していませんが)

 

肥満には色んなリスクが付きまとうんですね。

肥満による経済的損失は1000万円(個人)を超えると言われています。

みんな嫌なはずなんです、肥るのは。

そんな中、普通の食事で体重を激減させた人がいます

 


 

一ヶ月1日一食

(Visited 4,611 times, 1 visits today)

ページ: 1 2

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です