toggle
2016-11-16

冷えは万病のもと


 

アメリカで有名な医師用教科書「ドクターズルール425」(邦訳「医師の心得集」)の一文を紹介します。

「可能ならすべての薬を中止せよ。不可能なら、出来るだけ多くの薬を中止せよ。」

「薬の数が増えれば副作用の可能性はネズミ算的に増える。」

「4種類以上の薬を飲んでいる患者は医学知識の及ばぬ危険な領域にいる。」

「高齢者のほとんどは薬を中止すると体調がよくなる。」

現在、病気の中で原因がわかっているのは30%

残りの70%の病気は原因もわからないということ

原因がわからないことなど山程あります。

医学や化学は人類を進歩させてきましたが鵜呑みは完全に危険

あなたにオススメの記事はこちら

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-18-6-19-45

医療とはなにか?

西洋医療以外の道筋はないのか?

薬や現代医学に頼ることなく体を健康に保つにはどのようにすれば良いのか?

それらを真剣に考える時期なのかもしれませんね。

 

病気になりやすい人にはひとつの共通点がありました。

冷えです

平熱が36.5℃前後の人は病気になりにくいと言われていますが皆さんの体温はどうでしょうか?

是非体温を測ってみてください。

 


next2

 

冷えが及ぼす影響は? 

(Visited 7,045 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です