toggle
2018-07-14

俺だって凹むから


 

ひろのぶです^ ^

 

どうやら同時に400人以上が見ると、サーバーがダウンするようです。

拡張の仕方を誰か教えて欲しい・・・

 

ここ最近サーバーダウンが連発しています

素性を明かす

 

国籍の話をすればフォロワーが減り

なぜ創価学会と言いづらい

 

宗教の話をすれば、両サイドから叩かれ

300名が離れていきました

 

その報告をすれば”同情を誘うな”と言われ

一言申し上げたい

 

冷静に見ましょうと言えばスルーされる

まぁ

フォロワーが減る減る(笑)

 

けどね、これ僕なりの勝負なんです。

理由はシンプルで、叩き合いよりも助け合いの方が重要だから

よく見てください。

 

ぼく誰も攻撃していませんから。

 

偏見から生まれる議論や行動では何も解決しない

ぼくはそう信じているから自分の素性をオープンにしました

僕が日本人だろうが韓国人だろうがナメック星人であろうが

やるコト変わりませんから。

 

おかげさまでここ最近フルボッコです(笑)

”どうなんですか‼︎?”

のコメントの嵐

そのうち泣いたろうか思ってますからね

そら、疲れてないってうそぶいてもしんどくなるよ

人間だし。

コメント一人で返してるからね。

 

けども世の中が

右でも左でもない第三の案を必要としてるはずなんです

その感覚をもって新しい社会を作れるのは

 

なんの偏見も持たない子どもたちなんですよ

 

その子どもたちに、今の大人が何を見せているか?

だらしないのは人間の性

けども争う姿ばかりを見せてどうなる?

敵を作るコトを教えてどうなる?

そう思うわけです。

異国の地の人間同士でも助け合える

国籍や国境は関係なく、思想や宗教は違っても助け合える

党派ではなく人として何ができるのか

 

それを示せるなら何でもすると決めてます

 

声が届いて欲しい人に全然届かず

方法を変えては失敗して、また挑戦して・・・

その繰り返しです。

変な顔をしては気持ち悪いと言われ

スラムの人たちが作ってくれた服を着れば宗教と言われ

ちょっと言葉足らずの文章を拾っては炎上する

 

みんなしんどいんですよね

なんとなく気持ちはわかる

けどね

フォロワーが減ろうが、意見が食い違おうが

ここを無視して次に進めない。

原因は自分の内側にあるんですね

そこを乗り越えるコトができた人たちが、次の世代の見本になるかと

 

生き方は自由です。

意見が違えば話し合えばいい

自分が信じる道を突き進むのもいい

感情の折り合いがつかず誰かを傷つけるときもある

きれいごとだけで回る世の中ではないコトも知っている

 

それでも最後には助け合わないと前に進めない。

そういう時代だと思うよ。

僕はその道を選ぶ

藤原ひろのぶ(よければフォローしてねー)

スラムの人々と一緒に作ったルンギスカートの詳細はこちら↓

https://kenkonosusume.stores.jp/

最後まで読んでいただいた皆様へ。。

現在、バングラディシュで力を入れているギフトフード

オンラインストアでの手続き方法がわからないという声が増えてまいりました。

下記にNGO GOODEARTHの銀行口座を記載しています。

サポートいただける方は是非とも。

活動費として使わせていただきます。

 

三井住友銀行 逆瀬川支店(店番号378)

普通 4294049

特定非営利活動法人 NGO GOODEARTH

トクヒ)エヌジーオーグッドアース

 

参加してくれる人は下記の詳細を見てください^ ^

https://hinkonnokokufuku.stores.jp

 

 

循環型の商品を用意しています↓

循環型商品はこちら(クリックしてください)

 

 

Facebookでの投稿が届きづらくなっています。

イベントなどの詳細はライン@でお送るので良ければ登録してください^ ^

ライン@への参加はこちら(クリックしてください)

 

オンラインサロンで伝え方の講習をしています。

一緒に発信力を付けていきましょう‼︎(写真を押すと記事に飛びます)

※必ず詳細をお読みください

 

現在、この商品をみなさんに推奨しています。

商品名は洗濯ベビーマグちゃん

素晴らしい商品ですので一度詳細を見てください‼︎

記事はこちらから↓

ストアはこちらから

 

品質も考え方も素晴らしい企業の商品を並べていますので^ ^。

これからも健康のすすめをよろしくお願いします‼︎(下記の野菜の写真をクリックするとショップに飛びます)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-30-22-58-13

開発途上国の子どもたちへ食事のサポートをしています。

日本人の肥満を解消しつつ、途上国の子どもたちの栄養失調を改善する”ギフトフード”プロジェクトを行っています

大きなプロジェクトに育てたいと思っていますので、よければ参加してください‼︎

ギフトフードはこちら

 

投稿の性質上、アカウントが停止になることがあります。

フェイスブックも企業ですから。。。

よろしければメルマガ登録をしておいてくださいm(_ _)m

(下にスクロールしていただけるとフォームがあります)

メール会員に登録フォーム

都道府県

 

(Visited 8,044 times, 1 visits today)

関連記事

コメント7件

  • 西川奈々絵 より:

    お疲れ様ですm(__)m
    毎回読ませて頂いてます。
    難しいですね。
    人の心
    攻撃的になってはないと思っていても、相手の心の捉え方で、攻撃してると思われます
    私、韓国嫌いです
    創価も好きではないです
    でも、友達に創価の子もいるし
    ヴァンガード、聞きに行ったこともあります
    素晴らしい演奏でした
    あ、話ずれちゃいました(;´Д`)

    原因は、一個人として見れるか見れないか?だとも思います
    人って、=することが大好き笑っ
    ~だからなんだ、ってまさにだと思います
    理由を、結びつけて安心するとでもいうのでしょうか
    でもですね、私、ひろのぶさんの活動、素晴らしいと思います
    どうにかしたいと思っても、目先のことで一杯になって、出来ないこと多いですから

    あと、離れていく人って、今が仕分けのときなんかなぁと思いました
    うわべだけの応援か、心からの応援か分けてくれてると思うのです
    だから、凹むけど凹まなくてはいいと思います
    次、自分はどうしたいのか
    だと思います
    なんだか、偉そうに語ってすみません
    最後まで読んでいただき、有り難うございますo(*⌒―⌒*)o

  • ふみ より:

    私のFB友達、
    僕はウヨクでもサヨクでもなく、なかよく、です、
    と、おっしゃっています。
    私もそうです。
    学会員の友達の行動に疑問があっても普通に仲良くしています。
    ひろのぶさんにも、なんの偏見もなく、フラットな気持ちです。というか、ひとつのお店、だと思っています。
    シャンプーを、複数使っていて、今日は、ひろのぶさんとこのやつで、ってノリで使ってます。
    仲良くやっていきたいです。

  • よし より:

    僕は一生藤原さんを応援します。

  • 滝沢 薫 より:

    藤原さん、お気持ちお察しします。
    私は、あなたが創価学会だからといってフォローを止めたりはしないし、あたなの活動は尊敬しています。
    ただ、私の意見なのですが、創価学会さんが、35年以上前の布教活動の仕方は、ご近所の誰かが癌になったとか難病になったとか、とても精神的に疲れていると時に、そんなに親しくなかったのに、急に何度も何度も、来るんです。信じているからこその言動だと今は理解できますが。
    わたしは、函館で生まれ今は道東の中標津。どこに住んでも、私と同じ嫌な思いをした人は、北海道では数多くいます。
    生意気な意見を言わせてもらえば、多分、創価学会さんに差別して離れて行くという人もいると思いますが、創価学会さんの、極一部の人が、やった事と書いた所が間違っていたと思います。過去の、創価学会さんの布教活動に対する認識は甘すぎます。極一部では無いと思っています。私の経験する限りでは、他の宗教の人は、不特定多数の人に行いますが、病気の人に集中的にする事は無いと思います。
    現在は、そねような活動は聞いた事は全くありません。でも過去はなかなか消えないんだと思います。
    これからも応援します。頑張ってくださいね。

  • ミツカ より:

    だいたいの歳も一緒で、たぶん、物事への捉え方が自分と似てて、それをきちんと言葉にしたり行動に表せていて、凄いなぁ自分も頑張らなー。って思ったり、飲んだら楽しそうやわ〜って思いながら楽しんでます。

    凹みコメも多いとのことなのでとりあえず応援コメを増やしてみました。笑

  • 兼古 照夫 より:

    横から失礼いたします!
    私も藤原さんの行動を尊敬する1人で、ここ最近の藤原さんの発信に激しく共感しているものです。
    てっきり藤原さんは創価学会に勧誘されていて少々煙たがっている方かと勘違いしておりました(笑)
    私は創価学会員ですが、昔の勧誘には否定的でした。
    しかし歴史的背景や時代を学び、またその頃まさに、重い病気で強引な勧誘を受け入会した方達の話しを聞いて考えは変わりました。弱みに漬け込むという場合、悪意や自己中心的な考えによりますが、まず救わなければならないのは一番苦しんでいる人だという視点からは必然で、その当時現在とは全く別次元の貧困状態にあった戦後日本で、数少ない会員がより多くの人を救おうと、まずはやってみれば実感出来、自分からやりたくなるという確信のもと強引になる時代だったのだと感じています。その強引な勧誘でも当時入会する人数は爆発的に増えています。それは勧誘する人も難しい話しは出来ないけど、相手を本気で救いたいという真剣さがすさまじかったと感じます。それが伝わらなかったり、必要と感じない方は当然入会せず、学会への反感は強まったんだろうと思います。その根強い学会への反感は、私達やこれからの会員が払拭していくしかないのですが、それもまた、私達現代の会員が成長するための大事な試練になっていると実感します。どれだけ批判されようと、この信仰の教えにある、全ての人には生きる使命があり尊敬すべき存在だという思想を持ち続け行動する人間になるために乗り越えたい試練だと…
    まさに藤原さんの生き方はそのままだと尊敬するし、私もこうありたいと感じています。
    学会員もただの人間です、様々な人がおり藤原さんの言う通りです、是非これから出会う学会員へも偏見なく接して頂ければ幸いです。長々と失礼いたしました。

  • 小嶋京子 より:

    藤原さん、
    凹まないで。
    あなたが目指す道は、
    こんなことでどうにかなったりしない。

    今まで誰も立つことなかった、
    前人未到の開拓を
    やろうとしたのは
    牧口であり戸田だと思う。
    気がついておいでか、
    あなたはその道に足を踏み入れて、
    堂々と我が道を歩んでいってる、
    しかも唯一無二の仲間を次々に増やして。
    志を同じくした仲間がいることは、
    ほんとに素晴らしいこと。
    かけがえのないことです。

    私にはそう見えます。

    あなたのプロフィールを初めて見たとき、
    もしやもおもい、
    原発の記事をみて、
    確信していました。

    セオリーがあるでしょうが、
    やり方は人それぞれ違うんです。
    それでいいと思うんです。

    藤原さんは、
    ご自分の信念を貫いて。

    ずっとフォローします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA