toggle
2017-03-05

花粉症のコト


 

花粉症が本当に増えてます。

 

一度なると中々治らない。

そんなイメージを持ってるんでは無いでしょうか?

 

周りの花粉症患者を見て思うのですが

完全に生活習慣病です

 

生活習慣病の難しいところは

これ‼︎

という原因の特定ができないんですね

言うなれば、生活全体の見直しをしないとダメなんです。

 

生活習慣病の対策は

足し算ではなく、引き算。

今の日常から、やめなければいけないことを見つけて

やめる

これが一番効果的です。

その上で良いとされるモノを取り入れる

引き算をしないうちに、足し算をしてもあまり効果はありませんね。

 

僕の義理の姉は

砂糖を絶って

本当に治しました。

 

ちなみに薬を服用していましたが、その8年間。

全く改善しなかったと聞きます。

肌荒れも酷かったようですね。

 

冷静に見て、薬で治った人は

一人もいません

(少なくとも僕の周りでは)

 

薬の処方が増えているのに、患者数が激増している

この答えだけで、薬が花粉症を治すモノでは無い

ということは理解できるはずです。

 

実際に治した人の話を元に記事を書いてみました。




 

花粉症の原因?



(Visited 25,152 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント1件

  • 兼古 照夫 より:

    いつも楽しく読ませて頂いております。
    アレルギーについては小学生の頃から気になっていました。アトピーで苦労していた友人を目にしたり、ニュースで蕎麦アレルギーで亡くなった子の事を耳にし、ショックを受けた事を覚えています。
    二人の息子を持つ父親になり、改めてアレルギーの事を少し学んだのですが、その中で小児科医の方が「現代の子は清潔にし過ぎで、腸内細菌の種類が乏しく免疫の働きも乏しいのだろう」という話しを聞き、それはありそうだなあと感じました。特に赤ちゃんの頃に腸内細菌の種類が、ある程度決まるそうです。遺伝的要因か環境的要因なのかは解っていないそうですが、どちらにしても細菌を腸内に集めるのは、赤ちゃんがいろいろなものを口に入れたり、あちこち触ってはなめる事で増えるとのこと。親としてはやめさせたくなりますが、赤ちゃんにとって大事な作業だったんだと関心してしまいました。親がすべき事は、危険なものは避けなくてはなりませんが、除菌や行動の制限ではなく、赤ちゃんのやりたいことをある程度見守る事や外に連れて行く事なんだな~と思いました。
    余談ですが、私は牛の繁殖牧場を経営しているのですが、獣医さんのはなしで、牛の糞には花粉症を予防する細菌がいるから、牛飼いの子に花粉症は少ないらしいよ~なんて事を聞いた事があります。だからといって糞は食べませんが(笑)ただ、どこかで口にはしてるんでしょう。私は子供の頃から風呂には週に2、3回しか入らず、石鹸はありましたが使わず、身体もごしごし洗っていませんでした。頭は週に1、2回さっと洗うだけ…社会人になり周りと比べて自分はずいぶん不潔だったんだと気が付き(笑)いつもはっきり言ってくれる女性の友人に、自分は臭わないか聞いた事もありました。無臭だよと言った後で、実は俺あんまり風呂入らないんだって言ったら、ドン引きで入りなさい!と言われてしまいました(当然ですね)が、今はもっと入らなくなっています。牛相手の仕事になったので、気にならないですからね~健康の為には、このくらいでも充分清潔過ぎるんじゃないかと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です