toggle
2016-11-12

人類を救った博士の一言


 

彼の名はジョナス・ソーク博士

ポリオワクチンの開発者で何百万人もの人を救った細菌学者。

この博士はワクチンの特許を放棄し世界中の人々が使えるようにしました。

製薬会社に売れば巨万の富を築けたにも関わらず。

テレビコメンテイターから

「なぜ特許を申請しない?」

という質問に対して彼はこう答えます。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-12-2-17-35

「太陽に特許はありますか?」

 

人類が必要とするモノを一握りの人間の所有物にしてはいけない

そういうことだと思います。

僕たちはこの時代よりも後退しているのかもしれませんね。

 

お金がなければ生活が出来ないことは事実

けれども、そのお金のために何かが壊され続けているのなら考えなければなりません。

医療も食も。

身の回りで起きている全てのことをもう一度見つめ直す時代になったのだと思います。




この記事が良ければいいねをお願いします‼︎

(既にいいねを押していただいている方が下記ボタンを押すと、いいねの取り消しになるのでご注意ください)

下記の青色枠が 👍 このマークの方はクリックすると最新情報を受け取れます

メール会員に登録していただいた方には、メルマガ会員用情報の”使うな危険”をお届けします‼︎
ご登録は下記フォームから(名前・メールアドレス・郵便番号は必須です)

あなたにオススメの記事はこちら↓

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-15-29-18

 

(Visited 1,052 times, 1 visits today)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です