toggle
2017-04-20

共通しているものは?


 

順天堂大学の

白澤卓二教授

という方が

『「いつものパンが」あなたを殺す』

という本を翻訳して関係性を示しています。

 

「いつものパン」があなたを殺す: 脳を一生、老化させない食事 (単行本)
デイビッド パールマター クリスティン ロバーグ
三笠書房
売り上げランキング: 4,150

興味のある方はどうぞ

この過剰なグルテンの摂取が

グルテン過敏症

という症状を引き起こします。

 

 

ですが

この症状は自覚するのが難しく、明確な検査方法が無いため発見が困難だと言われています。

 

ちなみにグルテン過敏症の症状は

・集中力がなくなる

・頭痛や偏頭痛、めまいが起きる

・気分に波がでる

・消化器系にトラブルが起きる

・腕や背中にブツブツができる

・関節に痛みが出る

(引用元:http://gjewel.jp/gluten-hypersensitivity/)

 

上記のような症状が出ます。

確かに・・・

すごく自覚しにくい症状ですね

 

気分に波が出るとか集中力がなくなるとか

気にしなければ一生気付けません。




この症状がさらに悪化すると

『リーキーガット』という病気になります。

この病気も・・説明が難しすぎるのでこれも引用文を使わせてもらいますね。

以下引用文

普通、小腸の粘膜を覆っている細胞は、1つ1つが規則正しく結びついて並んでいるのだが、グルテンアレルギーがあると、この細胞の結びつきが崩れて緩み、腸管に穴が開く。すると中から毒素が漏れ出し、それが脳へと到達して「キヌレニン」という神経毒性物質を生み出すという。これが『リーキーガット』。

(引用元:http://ure.pia.co.jp/articles/-/34088?page=3)

こういう説明は難しい。。。

要するに腸に穴が開いてその毒素が脳にまで届くと書いてます

 

 

小麦一つにしてもここまで問題がでてきてしまった時代。

過剰に人間の欲求を満たすものだけを作れば違う害が生まれる。

これは必然かもしれませんね。

 

今、日本で

パンを禁止しましょう‼︎

とか言えば袋叩きにあうでしょう。

ならば

日本人はどのように考えれば良いのでしょうか?




next2

 

食生活の見直し方




(Visited 48,216 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント2件

  • 堤 一樹 より:

    医学適応ないグルテンフリー食に警鐘【米国心臓協会】
    Posted on 4月 17, 2017 by white-family
    参考:米国学会短信2017年3月23日 (木)配信

    摂取量多いと2型糖尿病発症リスク13%低い

    セリアック病やグルテン過敏症といった医学的適応のない人のグルテンフリーダイエットに警鐘を鳴らす研究結果が明らかになりました。医療従事者を対象とした2件の長期縦断疫学研究〔Nurses’ Health Study(NHS)、Health Professionals Follow-up Study(HSPS)〕において、グルテン摂取量が最も多い上位20%の群(12g/日以下)では、最も少ない群(約4g/日未満)に比べ、2型糖尿病リスクが13%低下していました。米国心臓協会(AHA)が3月9日、同学会が開催するEpidemiology and Prevention / Lifestyle and Cardiometabolic Health 2017の発表演題を紹介しました。

    セリアック病やグルテン過敏症といった疾患のない人々の間でもグルテン除去食が人気となっています。一方、グルテン摂取量を減らすことが長期的な健康に利益をもたらすとするエビデンスは得られていません。また、グルテンを除去した食品の多くは、食物繊維やビタミン、ミネラルなどの微量栄養素が少ないことが知られています。

    研究グループはNHS、NHSIIおよびHealth Professionals Follow-up Study(HPFS)の参加者19万9794人への食品摂取頻度に関する2-4年おきの調査から、1日当たりのグルテン摂取量を算出。

    各研究の母集団の1日の平均グルテン摂取量は、NHSでは5.8g、NHSIIでは6.8g、HPFSでは7.1gでした。主なグルテン摂取源はパスタ、シリアル、ピザ、マフィン、プレッツェル、パンなど。参加者のほとんどの、1日当たりのグルテン摂取量は1日12g未満でした。グルテン摂取量の少ない参加者は、2型糖尿病の発症を抑制するシリアル食品の摂取量も少ない傾向が見られました。シリアル食品の潜在的影響を調整した解析の結果、13年の追跡期間中のグルテン摂取量上位20%の2型糖尿病リスクは、グルテン摂取量が最も低い群に比べ13%低下していました。

    今回の研究の限界として、研究グループはグルテン摂取量が参加者の自己申告であること、観察研究であること、参加者のほとんどはグルテンフリーダイエットが普及する前に参加していることから、グルテンフリーダイエットを実践している人のデータがないことを挙げています。

    研究グループは「セリアック病などでない限り、2型糖尿病などの慢性疾患予防の目的でグルテン摂取を制限することは考え直したほうが良いかもしれない」と話しています。

    【訂正】2017.3.27 本文中「グルテン摂取を再現する」を「グルテン摂取を制限する」に修正しました。お詫び申し上げます。

    Low gluten diets may be associated with higher risk of type 2 diabetes
    American Heart Association Meeting Report Presentation 11
    March 09, 2017 Categories: Scientific Conferences & Meetings, Heart News
    Study Highlights:

    Diets higher in gluten were associated with a lower risk of developing Type 2 diabetes.
    Study participants who ate less gluten tended to eat less cereal fiber, a known protective factor for developing Type 2 diabetes.
    Embargoed until 8:30 a.m. PT/11:30 a.m. ET, Thursday, March. 9, 2017

    PORTLAND, Oregon, March 9, 2017 — Eating more gluten may be associated with a lower risk of developing Type 2 diabetes, according to research presented at the American Heart Association’s Epidemiology and Prevention / Lifestyle and Cardiometabolic Health 2017 Scientific Sessions.

    Gluten, a protein found in wheat, rye and barley, gives bread and other baked goods elasticity during the baking process and a chewy texture in finished products. A small percentage of the population cannot tolerate gluten due to Celiac disease or gluten sensitivity, but gluten-free diets have become popular for people without these conditions, even though there is lack of evidence that reducing gluten consumption provides long-term health benefits.

    “We wanted to determine if gluten consumption will affect health in people with no apparent medical reasons to avoid gluten,” said Geng Zong, Ph.D., a research fellow in the Department of Nutrition at Harvard University’s T.H. Chan School of Public Health in Boston, Massachusetts. “Gluten-free foods often have less dietary fiber and other micronutrients, making them less nutritious and they also tend to cost more. People without Celiac disease may reconsider limiting their gluten intake for chronic disease prevention, especially for diabetes.”

    Micronutrients are dietary components such as vitamins and minerals.

    In this long-term observational study, researchers found that most participants had gluten intake below 12 grams/day, and within this range, those who ate the most gluten had lower Type 2 diabetes risk during thirty years of follow-up. Study participants who ate less gluten also tended to eat less cereal fiber, a known protective factor for Type 2 diabetes development.

    After further accounting for the potential effect of cereal fiber, individuals in the highest 20 percent of gluten consumption had a 13 percent lower risk of developing Type 2 diabetes in comparison to those with the lowest daily gluten consumption (approximately fewer than 4 grams).

    The researchers estimated daily gluten intake for 199,794 participants in three long-term health studies — 69,276 from the Nurses’ Health Study (NHS), 88,610 from the Nurses’ Health Study II (NHSII) and 41,908 from the Health Professionals Follow-up Study (HPFS) — from food-frequency questionnaires completed by participants every two to four years. The average daily gluten intake in grams was 5.8 g/d for NHS, 6.8 g/d for NHSII, and 7.1 g/d for HPFS, and major dietary sources were pastas, cereals, pizza, muffins, pretzels, and bread.

    Over the course of the study, which included 4.24 million person-years of follow-up from 1984-1990 to 2010-2013, 15,947 cases of Type 2 diabetes were confirmed.

    Study participants reported their gluten consumption and the study was observational, therefore findings warrant confirmation by other investigations. Also, most of the participants took part in the study before gluten-free diets became popular, so there is no data from gluten abstainers.

    Co-authors are Benjamin Lebwohl, M.D., Frank Hu, M.D., Ph.D., Laura Sampson, Lauren Dougherty, Walter Willett, M.D., Dr.P.H., Andrew Chan, M.D., M.P.H., and Qi Sun, M.D., Sc.D.

    Author disclosures are on the manuscript.

    This study is funded by the National Heart, Lung, and Blood Institute.

    Additional Resources:

    Photos available on the right column of the release link http://newsroom.heart.org/news/low-gluten-diets-may-be-associated-with-higher-risk-of-type-2-diabetes?preview=ddcb15f0390a710b97733b9db1a479ef
    American Heart Association Nutrition Information
    Gluten-free Diet, Foods and Heart Disease
    Follow @HeartNews #EPILifestyle17
    ###

    Statements and conclusions of study authors that are presented at American Heart Association scientific meetings are solely those of the study authors and do not necessarily reflect association policy or position. The association makes no representation or warranty as to their accuracy or reliability. The association receives funding primarily from individuals; foundations and corporations (including pharmaceutical, device manufacturers and other companies) also make donations and fund specific association programs and events. The association has strict policies to prevent these relationships from influencing the science content. Revenues from pharmaceutical and device corporations and health insurance providers are available at http://www.heart.org/corporatefunding.

    For media inquiries about this news release and AHA spokesperson perspective:

    Darcy Spitz: (212) 878-5940; darcy.spitz@heart.org

    Carrie Thacker: (214) 706-1665; carrie.thacker@heart.org

    For public inquiries:

    (800)-AHA-USA1 (242-8721)

    heart.org and strokeassociation.org

    Life is why, science is how . . . we help people live longer, healthier lives.

    • kenkonosusume より:

      こういうコメントはありがたいですね。

      これはグルテンフリーに対する反対論文に近いです。
      じっくり見ると、グルテンの安全性と言うよりも、グルテンが含まれる食品の他の栄養素が欠乏して疾患リスクが高まると書いていますね。
      糖質不足に陥るくらい制限してはいけないというコトでしょう。

      自分で選びましょう

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です