toggle
2017-07-22

玄米は身体に良いの?悪いの?





 

玄米食が良く無いと言われる理由ですが、大きく3つに分けれるかと。

1、フェチンとかアブシジン酸などの成分的な問題

2、残留農薬

3、消化の悪さ

 

この3つですね。

玄米が大昔から食べられ続けてきたと言う話を聞くのですが、僕はいつも疑問を感じてまして。

米を食べることが出来た人たちって、そんなに多かったの?と思っているわけです。

だから、良いという話も悪いと言う話も鵜呑みにせず、冷静に見ることが必要かと。

 

まず、フェチンの問題ですが、これは体内でフェチン酸に変化し強烈なデトックス作用があると言われているんですね。

なので、体内の毒を排出すると言う効能はある(と言う方が優勢)と思って良いかと。

ただ、このフェチン酸は身体に必要なミネラル分も一緒に排出してしまうようで、長期間食べ続けると体内のミネラルが不足すると言われています。

アブシジン酸も体内のミトコンドリアを攻撃すると言われていますが、まぁ一成分を取り上げて良い悪いと議論することがナンセンス。

そもそも完璧な食材なんてないんですね。

要するに、強烈な解毒作用が薬にも毒にも転じるということを理解しておきましょう。

 

次に残留農薬

一般的に流通しているお米の、農薬の使用量ってご存知ですか?

成分数で管理をするのですが、多いところで24成分前後、少ない地域で16成分前後と言われています。もっと多かったり少なかったりする地域もあるようですが、大凡と思ってください。

特別栽培米の基準の怖いところなのですが、地域の基本となる散布量の半分以下で生産すると、特別栽培米になるわけです。

例えば、24成分を基本としている地域の特別栽培米の基準は12成分以下。

では、元々散布回数の少ない16成分の地域の生産者が10成分で作っても、特別栽培米にはならないわけです。

ややこしいでしょ?

まぁ何を言いたいかというと、どんな理由であれ結構使うんですね・・・農薬。

「基準内だ」という生産者もいますが、使われていないモノを口にした方が良いに決まってますから。

なので最近まで本格的に玄米を紹介しなかったわけです。

どんなん理由であれ、有機栽培、自然栽培のモノをオススメします。

 

最後に消化について。




 

消化??



(Visited 16,232 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント1件

  • もも より:

    玄米に限りませんが(でも、玄米だとなおさら)、お料理は「電気」よりも「火」を使う方がおいしいし体に浸透しやすそうなお料理になりますよ~
    お料理方法にもこだわると(電気よりガスの火を使うとか)、良い調味料も活きますよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です