toggle
2018-08-06

がんの大好物





 

根本的なコトを話しますと

ここまで賛否の分かれている抗がん剤を誰だって使いたくないですよね?

誰だって好んでがんになるわけじゃ無い。

 

そんながん細胞が好む環境

高糖質、低体温、低酸素

この状態、がん細胞がものすごく喜ぶ環境だと思ってください。

 

ペット検診ってありますよね?

 

矢印が指されているところがいわゆる癌です。

どういう検査かというと、ぶどう糖(正しくはぶどう糖に限りなく近い物質)を点滴で体内に入れるんですね。

がん細胞は普通の細胞の3倍〜8倍のブドウ糖を取りこむので、癌ある場所に点滴で入れた薬が集まります。

がんがぶどう糖を好む証拠ですね。

がん手術の後にぶどう糖の点滴を打つ理由は未だに理解ができないのですが、とにかくがんがぶどう糖を好むということは証明されています。

 

最近、呼吸のコトを書きましたが、酸素って本当に大切(写真をクリックすると記事に飛びます)

血液と一緒に酸素が身体の隅々まで運ばれて、免疫細胞を活性化させます。

低酸素の状態はこの逆ですね、免疫能力が低下しますので結果的にがん細胞が住みやすい環境になるんですね

呼吸の基本は鼻で深く吸って鼻で吐くこれが大切です。

 

最後に低体温。

これも以前に記事にしましたが、がん細胞は高温が苦手(写真をクリックすると記事に飛びます)

逆に35℃台だと活発に活動をします。

最近、体温はいつ測りましたか??健康を維持する為には、自分の体温を把握していることは必須。

起きてから1時間後の体温が基礎体温だと思ってください(起きてすぐは体温が低いです)

36℃を切ってしまっている人は早めに改善をしたほうが良いです。

僕が効果的だと思うのは、食事は当然のコトながら

筋肉量を増やすと入浴ですね。

特に下半身の筋肉を意識してください(良く歩くコトが大切です)

 

これらを気をつけた上でもう一つ大切なコトを




 

目標は?

(Visited 94,688 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント1件

  • 渋谷 明美 より:

    いよいよ、又、具体的な世界平和の為の活動を始めるのですね。
    本当に心から応援しています。
    後世のために世界のためになにか役立てふように、という思いだけじゃなく、キチンと行動されていることに尊敬します。
    私も微力ながらお手伝い出来るように頑張って力をつけて行きたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA