toggle
2018-05-31

実は傷だらけ


 

ひろのぶです^ ^

 

セミナー終了からの、出版物の打ち合わせ。

予算オーバーからの再調整・・・マジで頭を抱えております。

まぁそんなもんですね。

そして、今回一緒に作品を作る法さん

悩んではいるのですが、作品のことではなく選挙のコトで悩んでいます。

 

………。

おい。

と言いたいところですが、めちゃくちゃ大切な選挙ですからね。

悩んで当然だと思います。

 

数週間前ですかね。

新潟県の前知事が女性問題で辞任する形となり、急遽選挙に…

僕は選挙等の話はしないようにしているのですが、今回のこの選挙。

 

日本全体に大きな影響を与えます。

 

今回の選挙、日本最大級の原子力発電所

“柏崎刈羽原発をどのようにするか?”

ここが最大の争点となっております。

2007年の中越沖地震で3600ヶ所の損傷を負ったそうですね。

怖いですよ普通に考えて。

 

図に書かれているように

 

大規模地震が起きて事故に繋がったら、それこそシャレにならない事態になるわけです。

今のところ、野党推薦の池田千賀子さんと与党推薦の花角英世さんの実質一騎打ちのようですね。

両者の原発に対する言い分を見てみましょう

池田千賀子さんは次の様に

“原発事故等に関する3つの検証を厳格に進め、県民の皆さんと結果を共有し、丁寧に議論します。できるだけ早急に原発ゼロへと向かうよう、新潟としての責任を果たすとともに、原発停止後の新潟の産業・社会政策を検討するための新たな会議を設置します。”

これは完全に原発を止める方向の意見ですね。

原発に依存しない経済の形を本当に作れるのか??

ここがポイントですね。

対する花角英世さんは次の様に

”原発については3つの検証(福島原発事故の原因、健康・生活への影響、避難計画)をしっかり進め、その結果を見極めます。将来的には原発に依存しない社会を目指し、県民の安全・安心を守ります。”

曖昧ですね。

検証した結果、再稼働なら仕方がないと言う旨でしょう。

 

僕はどちらかと言うと原発反対派です。

けどもそれは僕の意見。

賛成の人がいてるのも当然。

”自分は意志はこれだ”

と示すのが選挙なわけです

選挙ってのはこの国に住む人々の意思を政治に投げかける場ですね。

 

大切なことだからみんなで決めましょう

子どもでもわかる理屈です。

気づいていない方が多いんですが

この選挙、今後の国全体の動きに大きく影響を与えます

仮に野党候補が勝てば、安倍政権では地方で勝てないと言う流れが起き、自民党内で党首の交代を望む声が出るかと。

逆に与党候補が勝てば、安倍政権のままでも地方は勝てると読み、更に盤石な政権運営が行われるでしょう。

 

そもそも、原子力発電所の問題は沖縄の米軍基地と同じく

日本全体の問題

事故が起きた時、新潟県だけで収まる様な問題ではないですね。

福島の為に復興税払ってるでしょ??

ただでさえお金がない家庭が増えてるのに、さらに税金が増えたわけです。

税金で済む話ならまだ良いですが、お金で解決できない問題が山ほどあるわけですね

 

それらを含めて僕からお願いしたい。

 

県知事選ってのは基本的に投票率が低く50%前後しかないと言われています。

これ、すげーカッコ悪いコト。

オーストラリアとか90%くらいありますよ。

大人のみなさん。

責任を果たしてほしい。

自分たちの未来を放棄して、誰かがなんとかするだろう

この発想はもうやめよう。

口では”子どもの未来が大切”とか言いながら

行動をしないのはやめよう。

お願いだから選挙に行って、自分の意思を投じてきてください。

どちらに入れろと言いたいのではなく

“選ぶ”ことすら放棄するカッコ悪い大人になるのだけはやめよう。

 

もう一つ

自分の意思で投票しよう

別に誰かに命令される必要はないわけです

“自分で考えて、自分で決める”

そこに意味があるわけですよ。

 

そして、新潟県に知り合いのいる人は

“選挙に行ってくれ”

と促しましょう。

日本中が注目している選挙だってわかれば、自分の一票が如何に大切か?がわかるはず。

大阪都構想の時にものすごく投票率が高かったのは、皆が注目したからですね。

日大アメフト部の違反タックルばかり見てても何一つ良いコトはないですよ笑

 

選んだ結果なのか?

選ばずに進められることなのか?

影響を受けるのは子どもたちなんですから

 

この文章が一人でも多くの人へ届くことを願います。

自分は”選択”をしたって胸を張りましょう。

藤原ひろのぶ

 

(Visited 12,561 times, 1 visits today)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です