toggle
2017-04-19

病院が病人を増やす?


 

この本、知っていますか?

 

 

有名な方のようですね。

全否定とまではいかないですが、現代医療の問題点を徹底的に指摘しています。

 

医者なのに。

 

これって難しいことなんですね。

自分が関わっている仕事の問題点を指摘するコト。

本の中の全てに納得したわけではないのですが、少なくともすごく勇気のある方ということは理解できました。

 

少なくとも薬に対する考え方は共感を持てます。

少し内容について触れたいと思いました。

 


 

医者ってなに?



(Visited 17,589 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント1件

  • 植田 一絵 より:

    初めてコメントさせていただきます。
    いつも必ず拝見していて、読みやすさ、同じ目線の捉え方、そして何よりも大切なことを発信されていて嬉しくなります。
    今回の近藤誠先生の本の紹介で一言。私の友人が癌で 藁をも掴む思いで
    初対面の先生に治療方針のコメントが欲しくてメールを送りました。
    すると、さぞかしご多忙にも関わらず、自分であればこの様な治療をする と
    丁寧な返信をもらったのです。友人は、希望が持てたのでしょう、明るく話してくれました。私も、やはりそのような人柄の先生なのだなと思いました。
    どうぞ、これからも雑音にめげずにガンバッテ下さい。
    (お子さんとても可愛いです!良いお顔してますね。それも楽しみです)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です