toggle
2017-01-03

コンビニおにぎりの添加物の量は?


 



添加物を使う理由をおさらいしましょう。

・ゴミが売り物に変わる

・一部の商品は腐りにくくなる(漬物などは逆に腐る)

・味が一定になる

 

そしてここが一番大切になりますが

 

上記の条件を揃えるコトで

 

低価格で作れる

 

これがこの国では一番重要なんです

 

目に見えない危険に対して緩い国なんですね

 

さて

 

添加物の弊害ですが

第一に

味覚がバカになります

 

濃い味の食事がすごく増えていると思いませんか?

 

コンビニやファミレスはほぼ濃い味です。

 

一定期間、添加物から離れると誰でもわかるのですが

以前に3ヶ月ほど、電気もろくにこないような所で生活をしました。

 

そういう所で生活をすると

味の濃いものが食べたくなるんですね

 

僕の場合はラーメンでした

 

帰国後すぐにラーメンを食べに行ったら

 

あまりの不味さに二口で食べれなくなったんです

 

結構有名なラーメン店で

以前は食べるコトが出来ていたのですが

 

明らかに異物を食べてる感じがするんです




最近周りの友人にも、味の濃いものが好きな人が増えました

 

濃い味のモノと薄味のモノ

どちらが身体に悪いか?

それは大凡ですがわかりますよね?

 

この味覚をどんどん狂わせているのが

 

添加物です

 

普通に食べるとほとんど味のしないような食品も

添加物を使えば綺麗で味の濃いモノに変身します

 

パッケージを見てください

アミノ酸と記載されているのは

だいたいグルタミン酸ナトリウム

 

濃い味の旨み成分ですね

 

この味覚に慣れると

薄味の食事に満足ができなくなり

どんどん調味料がエスカレートします。

 

そうやって自分の身体をどんどん壊していくんですね

 

特に子供はこの味に慣れると味覚が狂い

味の濃いモノを食べないと満足できなくなります

意識して避けるべきでしょう

 

次は安全性です




next2

 

安全性は?



(Visited 34,021 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント2件

  • 小俣典子 より:

    質問です

    炭酸水も、体に良くないのでしょうか?

    • kenkonosusume より:

      強酸性になると思いますので、酸化作用が強いと父からは教わりましたね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です