toggle
2016-08-07

アトピーとステロイド


55acc9a16b4b3a890155482e_lg

一般に、アトピー性皮膚炎を発症した段階では、副交感神経優位でリンパ球の比率が41%を上回っている事が多いそうです。

この段階で、ステロイドを使わず、正しい食事と適度な運動を心がければ、非常に治りやすいと言われています。

逆にステロイドを使うと免疫を抑制しますので、肌の炎症や、かゆみは止まります。

しかし、いったん使いだすと、止める行為がリバウンドに繋がりますので、非常にやっかいです。


 

次ページ ステロイドが引き起こす問題とは?

(Visited 1,443 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です